コーヒーで蠕動運動を促進させる

コーヒーを飲むと、便秘が解消されるという話がでています。実際に、コーヒーがそのような効果をもたらす事が出来るのか、お話していきましょう。

コーヒーの作用について

なぜ、コーヒーが便秘解消に良いと言われているのか、ご存じでしょうか?それは、コーヒーが持つ「蠕動運動促進作用」が注目されているからです。大腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)というのは、便をスムーズに排便まで腸内を進ませていく為の、動きです。

つまり、コーヒーを飲むことで、腸が活発に運動するようになり、腸内に便が溜まってしまったり、硬くなってしまう事を、防ぐことができると、考えられているのです。

適応しないこともある

蠕動運動が鈍くなるタイプの便秘になっている人や、あまりにも辛い便秘症状を抱えた人にとっては、コーヒーで便秘が解消されることが期待できます。一時的に便秘から解消されるという場合もあるかと思います。

しかし、精神的な原因からくる便秘や、直腸で留まっているタイプの便秘は、コーヒーの効果を得ることは出来ないかもしれません。急を要する便秘の、応急的な解消法として、コーヒーを飲むことで、その時の辛さから、解放されることはありそうですね。

悪い影響を及ぼす場合もある

実は、便秘の解消に効果があるコーヒーなのですが、逆に便秘が悪化したり、全く解消されないという場合もあります。それは、なぜかというと、コーヒーが持つ利尿作用によって、便に含まれる水分もどんどん失われてしまうのです。すると、便は硬くなり、腸から出ていく事が、難しくなってしまうのです。

さらに、コーヒーに含まれるタンニンには、腸内細菌の働きを、抑制し、弱まらせてしまう作用があります。ですから、便秘を解消したいという事で、コーヒーをたくさん飲むと、逆に悪化する可能性がありますので、注意をしてもらいたいと思います。

腸内の環境が悪くなったり、バランスを崩したりすることがありますので、コーヒーは1日に1~3杯の中でおさめるといいでしょう。

コーヒーを飲んでも、便秘が解消されない人や、悪化する場合は、飲むのをやめましょう。


コンテンツ

このページの先頭へ