冷凍したえのきは便秘に効果的

少し前に流行っていた「えのき氷」をご存知でしょうか?便秘の解消にとても効果があるとされており、簡単に出来て、食事にも取り入れやすいという事で、新しい便秘解消法として、人気があります。どんな効果があり、どのように使っていくのか、ここで詳しく見ていきたいと思います。

えのき氷について

えのきという種類のキノコは、それだけで既に腸内環境を整えてくれる作用があります。そして便秘の解消にも効果があるという事で、えのきを食べるというだけでもお勧めです。食物繊維が豊富に含まれているので、かなり優秀な食材だということが分かります。

そこで、えのきをもっと有効に便秘解消の為に、利用するという事で、「えのき氷」が出てきたのです。普通にえのきを食べるよりも、一層多くの有効成分を摂取できるようになります。とても簡単なので、是非試してもらいたいと思います。

作り方

用意するもの:えのき1袋、水200ml(えのき2袋なら、水は400mlの割合)

  • えのきの、いしづきは切ってしまいましょう。その後、3等分位の長さにカットします。
  • カットしたえのきと、水をミキサーにかけます。
  • 鍋に入れて沸騰させたら、弱火で1時間煮込みます。
  • 煮詰め終わったら、粗熱を取り、製氷皿に入れて冷凍保存します。

えのき氷の使い方

既に加熱してあるものを、冷凍しているだけなので、色々な料理の中に、入れて使う事が出来ます。お味噌汁、炒めもの、カレー、などなど、自分の好きなように使ってください。

えのき氷を、食事の中に取り入れるだけで、便秘を解消することが期待できます。たくさんストックを作っておき、毎日の食事の中に入れていくと、体調に変化を感じることができるでしょう。

えのき氷の万能さについて

便秘解消が出来るだけではなく、肌トラブルも解消してくれるというのがうれしい効果です。えのき自体が、とても栄養価の高いものなので、えのき氷を使った料理は、健康にも美容にも、とても良い効果をもたらしてくれるでしょう。


コンテンツ

このページの先頭へ