便秘が原因で肌トラブルを引き起こす

便秘が気になって仕方がない、という人に確認してもらいたい事があります。肌荒れが酷くなったと感じませんか?

実は、便秘のときに、肌あれやニキビに悩まされるという人が、多くいます。それはなぜなのか?便秘が原因となっているのかどうか、ここでご説明していきましょう。

便秘と肌荒れの関係とは?

腸内環境が悪くなる

便秘をしていると、腸内には便が長い間、留まっているという事になります。出来れば、便は素早く体外へ出すのが理想です。

それは、いつまでも腸内に留まっていると、便が腐敗してしまい、発酵することで、悪玉菌が増殖してしまうからです。悪玉菌が増えると、有害なガスが腸内で発生してしまいます。

有害なガスが身体を巡る

便をスムーズに排出できれば、腸内に溜まった有害なガスは外に出ていきます。しかし便秘のままであれば、ガスが出ていく場所が無い状態になります。

すると、腸壁の中にガスが吸収されてしまい、血液の中に入り込み、身体を巡ることになるのです。血液に乗って巡っているガスは、毛穴から汗と皮脂などと一緒に排出されます。

肌細胞の働きがポイント

汗と皮脂などと共に、毛穴からガスが排出されると、体内に有害なガスが溜まらなくて済みます。便秘でも、ガスは体外へ排出する術はあるということです。しかしここからが問題なのです。肌をキレイに保つには、肌の汚れ、要らない水分、皮脂などを排出するために、肌細胞の働きが必要不可欠になります。

しかし、有害なガスなどを排出する事に、時間を取られてしまうことによって、肌のケアをする細胞が不足してしまうのです。すると、肌をきれいに保つ事が難しくなり、肌荒れやニキビが出来やすくなるのです。

便秘で肌トラブルになるのは間違いなし

上記の事から分かるように、便秘を放置しておくと、肌細胞が肌の為に働けなくなり、肌荒れを引き起こしてしまうようになります。

つまり、便秘のときは、肌あれを引き起こす可能性が、高くなるのです。全員が全員、肌荒れを起こすわけではないのですが、誘発する可能性があるという事を、覚えておきましょう。


コンテンツ

このページの先頭へ