女性が便秘になりやすい理由

「便秘=女性」というイメージを持つ人が、多いと思います。確かに便秘というのは、男性よりも、女性に多いのが現実です。その数は、日本人女性の半分以上が、便秘になったことがあると言われています。

では、なぜ女性の方が、便秘になりやすいのか、詳しく見ていきたいと思います。(もちろん男性で便秘になる方もいますが、あくまで女性視点で見ていきます。)

女性が便秘になりやすい原因とは?

男女の身体の作りが違うから

とても単純な事なのですが、男性と女性の身体の作りが異なるという点が、1つの原因になっています。女性というのは、男性のような強い腹筋を持っていません。もちろん鍛えれば腹筋は強くなりますが、構造的に女性の方が腹筋は、弱いのです。

そのため、大腸が便を直腸や肛門まで送り届ける為の力が、足りないという事になります。このことから、男性よりも、女性の方が便秘になりやすいという事が、分かります。

女性ホルモンの特徴

女性ホルモンには「黄体ホルモン」と呼ばれる種類のホルモンがあります。この黄体ホルモンというのは、月経前の一定期間や、妊娠初期になると多く分泌されるようになります。そして、この黄体ホルモンが増えてしまうと、便秘になりやすくなるという事が分かっています。

体内に水分と塩分を溜めるように、黄体ホルモンが司令塔となり、信号を送り出します。すると、大腸もその指令を受けて、腸壁から腸内の便に含まれる水分を吸収してしまいます。すると、便がどんどん硬くなりますので、便秘の状態が出てきてしまうのです。女性特有のホルモンですから、女性が便秘になりやすい理由が分かります。

過度なダイエットが問題に

男性もダイエットをする人はたくさんいますが、女性の方がストイックに痩せることに対して、強い気持ちを持っています。細くありたいという願望を持つ女性が、とてもたくさんいるのです。

そんな女性達が、過度なダイエットをしてしまうことで、便秘になってしまいます。食事を減らしてしまい、水分もあまり摂らないという無理をすることで、腸の動きも鈍くなり、便が硬くなってしまうのです。

このように、女性ならではの理由があって、女性に便秘の人が多いという事が、分かってもらえたと思います。


コンテンツ

このページの先頭へ