オリーブオイルを飲む習慣をつけよう

オリーブオイルと言えば、食事を作るときに使う油です。そのままサラダにかけたりする事もありますが、オリーブオイルを飲むなんて、考えられないでしょう。しかし、便秘解消に効果があると言われているのが、オリーブオイルを飲むことなのです。

一体どのような効果があり、便秘解消に繋がるのか、とても興味深い内容だと思います。まずは、オリーブオイルが、便秘解消にどうやって作用するのか、詳しくみていきましょう。

オレイン酸がポイント

便秘解消に役立つとされているのは、オリーブオイルに含まれる「オレイン酸」という成分です。オレイン酸には、小腸の働きを活発にして、腸全体を活性化させる作用があります。オレイン酸を含むオリーブオイルを摂取することで、大腸では便とオイルが混合して、便を柔らかくする事ができます。

さらに、大腸の腸壁もオイルのおかげで、とても滑らかな状態になるので、便がスムーズに腸内を移動する事が出来るようになります。オレイン酸の働きが、腸に刺激を与えていき、オリーブオイルの持つ油の特性が、便を柔らかくしてくれるというわけです。

どんなオリーブオイルを使えばいいの?

オレイン酸がたくさん含まれている事が、大前提になります。そうなると、お勧めできるのが「エキストラバージンオイル」になります。スーパーでも手軽に購入できますので、エキストラという部分に注目して、オリーブオイルを選んでみてください。

飲むのは抵抗がある人へ

オリーブオイルをそのまま飲むのは、やはり抵抗があるかもしれません。大さじ1杯とはいえ、油ですから、気持ちが悪いと感じることもあるでしょう。もしもそのまま飲めなければ、ヨーグルトに混ぜて食べる方法もあります。その他に、飲み物に入れて、飲み干すという方法もあります。

基本的には大さじ1杯でいいのですが、あまりにも便秘が厳しい場合や、腸内で確実に便が固まっていると感じる場合は、大さじ2~3杯飲んでもOKです。しかし油なので、カロリーが高くなってしまう事もありますから、カロリー計算もしながら、オーバーしすぎないように、摂取しましょう。


コンテンツ

このページの先頭へ