プルーンを食べてスッキリを目指そう!

毎日の食生活の中に、プルーンを取りいれてみると、便秘が解消される可能性が、とても高く、期待できます。プルーンは昔から、健康食品としても人気があります。

そんなプルーンが便秘の解消に役立つという事ですから、手軽に食べることもできて、お勧めの方法だと言えます。

プルーンの作用について

プルーンには、食物繊維がとてもたくさん含まれています。そして、排便を促してくれる有効成分も含有していますので、便秘解消にはもってこいなのです。

プルーンの食物繊維

食物繊維というのは、「不溶性食物繊維」と「水溶性食物繊維」があります。プルーンは、なんとこの2種の食物繊維を持ち合わせています。不溶性食物繊維というのは、消化されないまま腸に届くので、大腸の蠕動運動を活性化させることができます。

そして水溶性食物繊維は、体の中にある不要な物質をまとめて便にしてくれるので、腸内環境がとても良い状態になります。

さらに腸内細菌が水溶性食物繊維を発酵して、善玉菌を増殖させることが出来ます。蠕動運動も活発になり、便の質も良くなり、善玉菌も増えて、便秘にとって、かなり良い作用をもたらしてくれます。

ソルビトールを覚えておこう

聞き慣れない名前ですが「ソルビトール」という成分が、プルーンには含まれています。甘味をもたらす成分なのですが、「糖類下剤」と呼ばれる便秘の薬などにも使われる成分です。

大腸の中にいる便から水分を吸収することを防ぎ、便が硬くならないように、作用してくれます。蠕動運動も活発になるので、ソルビトールのおかげで、便秘知らずになる事もあります。

プルーンの良い食べ方とは?

プルーンはドライフルーツになっているものが多く、手軽に食べることが出来ます。また、液体状になっているものは、ヨーグルトや飲み物に入れて、摂取してもOKです。プルーンであれば、どのように食べても問題はないので、積極的に食生活に取り入れてみましょう。


コンテンツ

このページの先頭へ