主な便秘の種類と原因

本来であれば、毎日しっかり便が排出されることが正常です。しかし数日間、排便が無いと、便秘になっている可能性が高いです。基本的に、3日以上排便がなければ、便秘気味という事になります。1週間程、排便が無い状態は、完全なる便秘です。

では、便秘を解消したい人の為に、まずはどうして便秘が起こってしまうのか、その原因について、しっかり知っておいてもらいたいと思います。原因を知ってから、解消法などを見つけることで、自分に適したものが見つかります。

便秘には種類別の原因がある

弛緩性便秘(しかんせいべんぴ)

簡単に言えば「大腸の運動機能が低下する」という原因が引き起こす便秘です。排便を促すためには、「蠕動運動(ぜんどううんどう)」と呼ばれる、腸管の動きが重要となっていきます。しかし、蠕動運動が、しっかりと行われない状態になると、大腸の中にいつまでも、便が居座ってしまうのです。

長く大腸内に居た便は、水分がどんどん失われていき、カチカチの便になっていきます。つまり、排便をしたいと思っても、とても硬い便になっているので、腸内から出て、肛門から排出されるのに、とても時間がかかり、キツイ思いをする事になります。これが、弛緩性便秘です。

高齢者や女性が多くなる便秘です。運動不足や食物繊維不足、水分不足や過度なダイエットなどが原因となり、起こるタイプの便秘です。

痙攣性便秘(けいれんせいべんぴ)

こちらの便秘は、大腸が過度に緊張状態になってしまう事で、引き起こされます。腸管の緊張がとても強くなり、便が腸内をスムーズに進んでいく事ができなくなります。そして、小さくコロコロとした状態の便になってしまいます。

ちなみに、痙攣性便秘では、便秘が酷いと思っていたら、今度は下痢になったというように、交互に繰り返してしまう事があります。

食事をした後に、下腹部が痛むこともあり、残便感がある事も。精神的な問題が原因になっている事があり、ストレスや、環境によって起こる便秘です。

直腸性便秘(ちょくちょうせいべんぴ)

その名の通り、直腸に便が溜まってしまう状態です。直腸は肛門に1番近い部分で、あと少しで排便できるという場所まで、来ているということです。しかし直腸に便がいても、排便したいという感覚が起きずに、直腸に溜まってしまう便秘です。

痔があり、踏ん張るのが怖い人や、排便を我慢してしまう人が、なりやすい便秘です。また寝たきりのの生活なども、この便秘の原因となります。

このように、便秘には色々な種類と原因が存在しています。自分に当てはまる原因は見つかりましたか?まずは、自分の便秘タイプを知っておきましょう。


コンテンツ

このページの先頭へ