生きて腸に届く乳酸菌と死滅した菌の違い

「生きて腸まで届く乳酸菌」という言葉を、よく耳にしませんか?色々なメーカーが、腸まで生きた乳酸菌を送り届けることが、出来るというアピールをしているのです。それが、どのような事なのか、意味のあることなのか、死滅した乳酸菌はどうなるのか、と言った疑問が浮かびます。

そこで、乳酸菌が生きて腸に届く事と、死滅した乳酸菌の行く末を、ここで見ていきたいと思います。

生きて腸まで届くとは?

乳酸菌というのは、体内に入ると、胃酸によってほとんどが、死滅してしまいます。ですから、生きて腸まで乳酸菌が届くというのは、自然にはあり得ないことです。

しかし、研究が進められてきて、胃酸で溶ける事のないカプセルに、乳酸菌を閉じ込めて、腸で溶けだすサプリメントなどが、開発されたのです。

さらに、特定種類という部類の乳酸菌の中に、酸に対して、とても強いものが発見されました。ですから、胃酸で溶けることなく、乳酸菌自体が生きた状態で、腸まで届いてしまうのです。この乳酸菌を、様々なメーカーが利用しだしたので、生きて腸まで届くことが、実現しているのです。

腸内で乳酸菌が生きているとどうなる?

生きたまま腸に届いた乳酸菌は、悪玉菌の増殖を抑制して、善玉菌を増殖させることができます。

また、腸内で乳酸を生成する事も出来るようになり、腸が健康的な状態になるのです。生きた乳酸菌を腸に届けることで、今までにない腸内へのアプローチが出来るということです。

死滅した乳酸菌はどうなる?

昔は、死滅した乳酸菌には、なんの意味もないし、何も作用しないと考えられていました。しかし最近分かったことは、死滅した乳酸菌が腸に届くと、善玉菌のエサになるという事です。善玉菌が活発になり、増殖させる為にとても役に立っているという事になります。

その他にも、悪玉菌が作り出す有害物質と、死滅した乳酸菌が合成することが分かりました。合成すると、有害物質は、中和されていくので、腸内環境は良い方向へ向かいます。このように、死滅した乳酸菌も、とても良い働きを見せてくれるのです。

死滅しているから、意味が無いということではなく、死滅しても、生きたままでも、それぞれに、腸内で役に立っているという事を、覚えておきましょう。


コンテンツ

このページの先頭へ