乳酸菌はどうやって摂取すればいいのか

乳酸菌を摂取しよう!と思っても、一体なにから摂取したらいいのか、分からない…という人も多いでしょう。

そこで、乳酸菌が含まれている食材や、その他の摂取法などを、ご紹介していきたいと思います。これから、乳酸菌を摂取したいと考えている人は、是非参考にしてみてください。

乳酸菌と言えばヨーグルト

やはり誰もが考えるのは、ヨーグルトで乳酸菌を摂取する方法です。もちろんヨーグルトは、乳酸菌が含まれていますので、おすすめの食材です。

手軽に買う事が出来ますし、誰でも簡単に食べる事が出来ますので、1番お手軽と言えます。ちなみに、ヨーグルトは「動物性乳酸菌」という部類になります。

大豆食品や発酵食品にも乳酸菌が含まれる

あまり知られていないのですが、お味噌、納豆、お醤油と言った、大豆を使った発酵食品にも、乳酸菌が含まれています。さらに、酵母を使ったパンにも、乳酸菌が含まれているので、探してみるのもいいでしょう。

これらの食材に含まれている、乳酸菌のことは「植物性乳酸菌」と呼びます。

サプリメントで摂取する方法

食べ物から、乳酸菌を摂取するのが、難しいという場合は、サプリメントがおススメです。とてもたくさんの種類の、乳酸菌が存在していますが、それに合わせてサプリメントも、かなり多くの種類が販売されています。食べ物でも乳酸菌を摂取しているが、足りていないという場合にも、サプリメントで補う事ができます。

ヨーグルトや納豆などの食材と比較すると、サプリメント自体の価格は少々高いかもしれません。しかし、手軽に飲むことができますし、場所を問わず摂取する事ができます。このようなメリットを考えると、乳酸菌を補うという考えで、サプリメントを利用するのも、良い摂取方法なのではないかと思います。

注意したいこと

乳酸菌が、大豆発酵食品に含まれていると言いました。だからと言って、醤油や味噌を、大量に摂取してしまっては、健康に害を与える事になります。乳酸菌を摂取したいからと言って、逸脱した量を食べる事はやめましょう。


コンテンツ

このページの先頭へ