乳酸菌の豊富な種類

乳酸菌という名前を聞くと、乳製品に含まれている菌だというイメージが湧きます。ヨーグルトを食べれば、乳酸菌が摂取できるという程度の知識しか、一般の人は持っていません。しかし、乳酸菌を深く掘り下げていくと、とても奥深いものだという事が分かります。

たった1つの菌の名前が乳酸菌という事ではなく、何種類も存在しているのが、乳酸菌の魅力です。その1つ1つに様々な特徴があり、乳酸菌が私たち人間に、とても良い効果を与えてくれることも分かっています。

では、乳酸菌について、どのような種類があるのか、どんな特徴があるのか、見ていきましょう。

代表的な菌種

乳酸菌には、菌の形態、属名、菌種などが存在しており、とてもたくさんの種類があります。聞いたことのない名前の菌が、たくさんありますが、一通りご紹介していきたいと思います。

球菌の乳酸菌

【属名】ストレプトコッカス
【菌種名】サーモフィルス

【属名】ペディオコッカス
【菌種名】ハロフィルス

【属名】ロイコノストック
【菌種名】メセンテロイデス

桿菌(かんきん)の乳酸菌

【属名】ラクトバチルス
【菌種名】ブルガリクス・ヘルベティカス・アシドフィルス・ガセリ・ファーメンタム

【属名】ビフィドバクテリウム
【菌種名】ロンガム・ブレーベ・ビフィダム・インファンティス

球菌というのは、球状の乳酸菌のことを言います。桿菌というのは、棒状になっている乳酸菌のことを言います。

身近にある乳酸菌について

私たちがよく目にする乳酸菌と言えば、ヨーグルトです。主に、ヨーグルトの生成に使われている乳酸菌をいくつかご紹介しましょう。

  • ビフィズス菌
  • ガセリ菌
  • ブルガリクス菌
  • アシドフィルス菌
  • サーモフィルス菌

棲息する場所など

  • 酪農乳酸菌は、家畜の乳などを棲息場所にしています。人間の腸までは生きて届きません。
  • 腸内乳酸菌は、生物の腸内を棲息場所にしています。人間の腸まで生きて届きます。
  • 植物性乳酸菌は、植物を棲息場所にしています。人間の腸までは、生きて届いたり、届かなかったり不安定です。

このように、乳酸菌は一言では表しきれないほどに、奥深いものなのです。あまり菌の名前など、しっくりこないとは思いますが、このような種類が乳酸菌にはあるという事を、頭の片隅に置いておくと、いいでしょう。


コンテンツ

このページの先頭へ